シザーリフトの安全について | シザーリフト昇降に関するお役立ちコンテンツ | 株式会社メイキコウ

株式会社メイキコウ | MEIKIKOU

We offer New Interconnections !
あたらしい "つなぎ" のご提案をいたします
文字サイズ
新着情報 会社案内 製品情報 総合カタログ 取扱説明書 お客様サポート お問合せ
Scissor Lifts
1.メンテナンスバーの
   全機種標準装備
2.サーマルプロテクター付き
   モータの採用
3.吊フック用穴の標準装備
4.安全のお知らせ
Scissor Lifts  シザーリフト昇降に関するお役立ちコンテンツ

シザーリフトの安全について
弊社はユーザの皆さまにシザーリフトをより安全にお使いいただきますように下記の対策をおこなっております。

1.メンテナンスバーを全機種標準装備
シザーリフト(テーブルリフター)のメンテナンスや修理時に万一のテーブルの落下を防止するためのストッパです。
全てのシザーリフトに標準装備しています。
メンテナンスバーの全機種標準装備
2.サーマルプロテクター付きモータの採用
サーマルプロテクター付きモータの採用モータの焼損防止のため。油圧式シザーリフトに標準装備しています。
(注) 一部特形リフトを除く、全油圧式シザーリフトに採用
3.吊フック用穴の標準装備
シザーリフトをより安全に運搬するためにシザーリフトの下部フレームに吊フック用の穴が標準装備されています。(一部機種は吊りボルト装備)
吊フック用穴の標準装備
4.安全のお知らせ
安全のお知らせ(1) 弊社ではシザーリフトをご注文頂きますと、必ず「取扱説明書」を添付してお届けいたします。この「取扱説明書」は、シザーリフトを安全かつ長く効果的にお使い頂くためのものです。万一添付されていない場合がございましたら、ただちに弊社までご連絡ください。
(2) 弊社ではシザーリフトに「警告ラベル」を貼付してお届けいたしますが、「警告ラベル」が設置条件により隠れて確認できない場合、取扱説明書に同封されている「予備のラベル」を確認できる場所に貼付して下さい。
(3) シザーリフトを安全にお使い頂くために下記項目を遵守ねがいます。
(a) 許容積載質量を超える質量をシザーリフトにのせるとテーブルが落下する恐れがあります。絶対に許容積載質量以下でご使用ください。

(b) シザーリフトの運転中は手足や物等がはさまれる恐れがあります。場合によっては、死亡事故等重大な人身事故発生の恐れがありますのでテーブルより下の全てのスペースに手足や物などを絶対に入れないでください。

(c) いかなる場合においても、シザーリフトを上昇させた状態でテーブルより下の全てのスペースに身体または身体の一部を入れる行為は絶対におやめください。テーブルが落下し、死亡災害発生の恐れがあります。

(d) やむを得ず、テーブルより下の全てのスペースに身体または身体の一部を入れなければならない場合は、いかなる場合においても、必ず『メンテナンスバー』をセットしてください。テーブル落下防止の処置を行わない場合、テーブルが落下し、死亡災害発生の恐れがあります。必ず取扱説明書記載の要領で正しくセットしてください。
悪い例
悪い例
良い例
良い例
※メンテナンスバーの形状やセッティング方法はシリーズや機種によって異なりますので各シリーズの取扱説明書の記述のとおりに使用してください。

(e) 人がテーブルにのる場合は墜落の危険性があり、重大な事故あるいは死亡事故発生の恐れがありますので、必ずテーブル上に柵を設置する等、墜落を防止する処置をしてください。
(4) シザーリフトを下記の状況での使用をお考えの場合は、弊社までお問い合わせください。

1.屋外
2.大気圧以外の環境下
3.水平な場所以外の設置
4.上下の昇降以外での使用方法
5.天地逆の使用方法
6.粉塵の多い場所
7.酸・アルカリ・化学薬品等シザーリフトの品質や性能に影響を及ぼすおそれがある場所。
8.防爆域
9.多湿な場所
10.高温・低温域

※高温は、37℃以上の場所、低温は10℃以下の場所が目安ですが、シザーリフトの使用頻度によって温度の範囲は異なります。
▲PageTop
シザーリフトのお役立ちコンテンツ | シザーリフト | ミニライブベルトフローシリーズ | コンベアシステム