シザーリフトのトラブルシューティング | 油圧式シザーリフト | 電動式シザーリフト | 株式会社メイキコウ

株式会社メイキコウ | MEIKIKOU

We offer New Interconnections !
あたらしい "つなぎ" のご提案をいたします
文字サイズ
新着情報 会社案内 製品情報 総合カタログ 取扱説明書 お客様サポート お問合せ
シザーリフトのトラブルシューティング
Q1 使用中突然モータが動かなくなる。
Q2 モーターは回るがリフトが上昇しない、または上昇速度が極端に遅い。
Q3 モーターが回らない。
Q4 上昇後、自然下降する。
Q5 下降しない、または下降速度が極端に遅い。
Q6 異常音が発生している。

Q7 モーターは回るが上昇しない。
Q8 上昇しない。(下降しない)
Q9 上昇(下降)速度が極端に遅い。
Q10 異常音が発生している。
Q11 停止しない。
Q12 自然下降する。




シザーリフトのトラブルシューティング

故障と思われる現象が発生した場合は直ちにシザーリフトの使用をやめてください。本トラブルシューティングを参考にお客様でシザーリフトの不具合原因を確認される場合は、危険が伴いますので、必ずシザーリフト本体に装着している 「メンテナンスバー」 をセットしてから、実施してください。「メンテナンスバー」 は万一のテーブルの落下を防止するストッパーです。メンテナンスバーのセッティング方法は取扱説明書に記載されており、このホームページでもご覧いただけます。(要会員登録)また、不具合原因の確認は、機械および電気の専門知識がある方が実施していただくようお願い申し上げます。


油圧式シザーリフトの場合

Q1 使用中突然モータが動かなくなる。
A1 油圧リフトのほとんどの機種に安全と機器の故障を防止するためにサーマルプロテクター付きのモーターを搭載しています。下記の要因でモーターが規定の発熱量に達したため、このサーマルプロテクターが作動したことが考えられます。

→下記要因を取り除いた上で、モーターの熱がさめるまでお待ちください。
  1. 周囲の温度が目安で40℃を超えている。
  2. 高頻度で使用している。(5分以下の間隔で昇降させ長時間運転させている)
  3. 許容質量を超える積載物をのせている。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q2 モーターは回るがリフトが上昇しない、または上昇速度が極端に遅い。
A2 7つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. モーターが逆相運転していることが考えられます。
    →電源の結線(UVWのうち2本)を入れ替えてください。
    (必ず1次電源を切ってください)
  2. 機械本体が破損している場合。
    →新しい製品のご購入を検討ください。
  3. 機械本体が周辺機器または、異物と干渉していないか確認してください。
    →干渉している場合、障害物を除去してください。
  4. ポンプの破損(圧力不足)が考えられます。
    →油圧ユニットを交換する必要があるため、弊社で対応いたします。お問合せください。
  5. 電磁チェックバルブが破損していることが考えられます。
    →電磁チェックバルブまたは油圧ユニットを交換する必要があるため、弊社で対応いたします。お問合せください。
  6. 電磁チェックバルブが通電した状態なっている可能性があります。
    →制御回路に問題がある可能性がありますので確認の上、問題点を改善してください。弊社で制御回路を製作したものであれば弊社で対応いたしますのでお問合せください。
  7. リリーフバルブの調整不良が考えられます。
    →リリーフバルブを調整すれば改善される場合があります。
    弊社で対応いたしますのでご連絡ください。
    調整しても現象が収まらない場合は、油圧ユニットを交換が必要です。
  8. この他、作動油を長期間、補充または交換していないと上昇しない場合があります。
    →作動油の交換は弊社で対応いたしますのでお問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q3 モーターが回らない。
A3 7つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. モーターが単相運転している可能性があります。
    →電源と結線状態をチェックし、問題があれば修理してください。
  2. モーターが破損している。
    →モーターまたは油圧ユニットの交換が必要です、弊社で対応いたします。お問合せください。
  3. 電源の規定電圧が確保できていないことが考えられます。
    →お客様の電源の電圧を確認していただき、問題があれば修理してください。
  4. 電源のブレーカーが落ちていないか確認してください。
    →ブレーカーを復帰させてください。
  5. サーマルリレーが作動している可能性があります。この原因としてシザーリフトに過負荷を与えていることがあります。許容積載質量を超えた積載をしていないか、またはシザーリフトに異物が干渉していないかを確認してください。
    →過負荷原因を除去し、サーマルリレーをリセットしてください。
  6. 操作スイッチの破損またはケーブルが断線していることが考えられます。
    →操作スイッチまたは、ケーブルを交換してください。
    ※部品の購入についてはお問合せください。
  7. 電磁開閉器が破損している場合がありますのでご確認してください。
    →破損しているならば電磁開閉器を交換してください。
    ※部品の購入についてはお問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、恐れ入りますが弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q4 上昇後、自然下降する。
A4 4つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. シリンダーから油が漏れていないか?確認してください。
    →シリンダーの交換が必要な場合があります、弊社で対応いたします。お問合せください。
  2. 配管継ぎ手から油が漏れていないか?確認してください。
    →配管増し締めで問題解決できる場合もありますが、配管部品を交換しなけばならない場合もあります。この場合は、弊社で対応いたします。お問合せください。
  3. チェックバルブが故障している可能性があります。
    →油圧ユニットを交換する必要があります。弊社で対応いたします。お問合せください。
  4. 電磁チェックバルブが不良を起こしている可能性があります。
    →電磁チェックバルブまたは油圧ユニットを交換する必要があります。弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q5 下降しない、または下降速度が極端に遅い
A5 4つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. 機械本体が破損していないか?確認してください。
    →新しい製品の購入を検討してください。
  2. 機械本体が周辺機器または異物と干渉していないか?確認してください。
    →異物が干渉していたら障害物を除去してください。
  3. 電磁チェックバルブが不良を起こしている可能性があります。
    →電磁チェックバルブまたは油圧ユニットを交換する必要があります。弊社で対応いたします。お問合せください。
  4. 制御装置、回路が不良を起こしている可能性があります。
    →制御装置、回路をチェックし、修理や交換をしてください。
    弊社で制御回路を製作したものであれば弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q6 異常音が発生している。
A6 2つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. 可動部、回転部のグリースが切れているか十分でないことが考えられます。
    →異常音発生箇所を特定し、グリースを給脂してください。
  2. またグリース不足により、ピン、ブッシュが磨耗している可能性があります。
    →ピン、ブッシュの交換、または機械本体の交換が必要な場合もあります。
    この場合は、弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop


電動式シザーリフトの場合

Q7 モーターは回るが上昇しない。
A7 モーターが逆相運転し、上昇ではなく下降の方向にボールネジが回転している可能性があります。
→ボールネジ噛み込防止のため、直ちに運転を止め、電源の結線(UVWのうち2本) を入替えてください。ボールネジがエンドで噛み込んでしまった場合、本体自体の故障となり、シザーリフトは動きません。この場合は
弊社までお問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q8 上昇しない(下降しない)。
A8 5つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. 規定電圧が確保できていない可能性があります。
    →電源の確認をしてください。
    これが原因であれば電源の修理をお願いします。
  2. 電源が落ちていませんか?
    →ブレーカーが落ちていないか確認し、これが原因であればブレーカーを復帰させてください。
  3. 操作スイッチが破損またはケーブルが断線していませんか?確認してください。
    →これが原因であれば操作スイッチまたは、ケーブルを交換してください。
    ※部品の購入についてはお問合せください。
  4. リミットスイッチまたは制御回路が破損しているため、よるボールネジがエンドで噛み込んでいる可能性があります。
    →ボールネジがエンドで噛み込んだ場合、駆動部交換の交換が必要です。また、リミットスイッチを含めた制御についても修理する必要があります。
    弊社で対応いたします。お問合せください。
  5. 電磁開閉器(マグネットスイッチ)が故障している可能性がありますので確認してください。
    →電磁開閉器を交換する必要があります。
    ※部品の購入についてはお問合せください。
  6. ブレーキが開放されていないと上昇しません。
    →制御回路修理または駆動部を交換する必要があります。
    弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q9 上昇(下降)速度が極端に遅い。
A9
  1. 機械本体が破損していないか確認してください。
    →新しい製品の購入を検討してください。
  2. 機械本体が周辺機器または異物と干渉していないか確認してください。
    →障害物を除去してください。
  3. ブレーキが十分に開放されてないと上昇・下降の速度が極端に落ちます。
    →制御回路修理または駆動部を交換する必要があります。
    弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q10 異常音が発生している。
A10 2つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. 可動部、回転部のグリースが切れているか十分でないことが考えられます。
    →異常音発生箇所を特定し、グリースを給脂してください。
  2. グリース不足により、ピン、ブッシュが磨耗している可能性があります。
    →ピン、ブッシュの交換、または機械本体の交換が必要な場合もあります。この場合は、弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q11 停止しない。
A11 2つの原因が考えられます。順に確認してください。
  1. 電磁開閉器 (マグネットスイッチ) が故障している可能性がありますので確認してください。
    →電磁開閉器を交換する必要があります。
    ※部品の購入についてはお問合せください。
  2. モータに内蔵しているブレーキが磨耗していることが考えられます。
    →駆動部を交換する必要があります。弊社で対応いたします。
    お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、弊社までお問合せください。
▲PageTop

Q12 自然下降する。
A12 ブレーキのギャップ調整ができていないと自然下降する場合があります。
→ブレーキのギャップ調整または、駆動部を交換が必要です。

弊社で対応いたします。お問合せください。
※上記対応をしても状況が改善しない場合は、恐れ入りますが弊社までお問合せください。
▲PageTop

シザーリフトのお役立ちコンテンツ | シザーリフト | ミニライブベルトフローシリーズ | コンベアシステム